So-net無料ブログ作成

ジュラシックパークその1 [SF]

皆さん、こんばんは。
1月20日は大寒です。
二十四節気のひとつで、なにしろ寒さの最も厳しい一日だとか。
確かに今日は朝外に出てから「アレ?寒い?」ってびっくりさたっけ笑

さて、朝のブログで書いた通りジュラシックパークについて書こうと思いますが、僕の間違いが一つ。
公開日は
正1993
誤1995
でした。
申し訳ございません。
では、気を取り直して、この映画を始めて観たのは僕が小学生の頃。(あ、何か懐かしい笑)
今から22年も前の映画でその翌年にビデオで観ました。
今回、ジュラシックワールド(劇場4作目)が公開と言う事なので、さっそく近所のTSUTAYAでも続編特集コーナーに。

ー余談ですが、レンタルビデオ店の特集コーナーって必ず目立った場所に移動する訳でもないから、本来あるべきところで一生懸命探してしまう。ふと目の前にあれば良いが○○(←棚番号)のコーナーに移動中とか書かれていても、その番号がどこなのか分からず、非常にじれったい気持ちになる事があるのは、かけてる眼鏡を探し続けてしまう、お茶目な性格の僕だけだろう。ー

閑話休題、1993年にスティーブン•スピルバーグ監督により作られた恐竜SFパニック映画。
化石に残されたDNAから復元された当時の恐竜そのものを飼育(←言葉の通り、そして物語序盤の推進力に)して、テーマパークを作るんだけど‥
てお話。
当時はとにかくCGが革命的だった。
「こんな映画初めて観る」的な。
まさに、センスオブワンダー(作品に触れて感じる、ある種の不思議な感動)
それまで主流だった肉体アクション映画(シュワちゃん、スタローン、バンダムなど)を一気に上塗り、いや、デリートしてしまった歴史的名作!
そういう見方の人がいるか分からないけど、それまで好きだった映画のビデオのラベルを見るとなぜか、切なくなった思い出があります。(切実)
実際、この映画のCGを観た時、ジョージ•ルーカスはスターウォーズの続編を書き始める事を決意したとか。(このエピソードは確かに説得力ある笑)
いやあ、いつ見ても何回見ても傑作中の傑作。
これ書いたらもう一回見よ笑
勢いで続編のロストワールドも見たので、次のブログで書きます。
本当にオススメです!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。