So-net無料ブログ作成

【シリーズ】X-MEN【一作目】 [アメコミ]

スポンサードリンク



皆さん、こんにちは、こんばんは。
Qです。

本日お勧めする映画はこちら!

エックス1.jpg
X-MEN

2000年から続くシリーズの第一作目で、
主演をヒュー・ジャックマン(ヴァン・ヘルシングやリアル・スティール等)
監督をブライアン・シンガー(スーパーマン・リターンズ等)
に迎えて放たれたマーベルヒーローの人気作。

ミュータントが存在する世界で、
人とミュータントの壁を、人種差別などのメタファーも含めた
社会派ヒーローSF(命名w)

ミュータントと人間の共存を目指すプロフェッサーX(パトリック・スチュワート)率いるX-MENと、
ミュータントこそ支配者に相応しいとするマグニートー(イアン・マッケラン)率いるミュータント軍団の死闘を描いた作品。。。ではなく、
それぞれ強い信念を持ち、それぞれが対局に位置する、
正義や悪と言った概念では語りきれない、
過去や、人間性や、現代の社会性を考えさせられる作品。

実際、戦闘シーンも多くはありません。
ヒーローも無二の強さを持つ物達では無く、
それぞれが特性を持っていて、それを絶対善とするような物より、
むしろ、劣等感ととらえられる表現が出てきたりしています。

X-MENは弱いと言えば間違いでしょうが、
誤解を恐れず言えば、人間の弱い部分を突然変異と言う設定を利用し、表現しています。

昨今のヒーローブームの様な、人間超越組の激しいアクションに飽きたら?(僕は好きですよw)オススメです!!
ミュータントと言う外連味を巧みに使い、人種や性に対する現代社会の格差、差別を描き出しています。

ウルバリンは指の間から爪の出る野蛮人ではありません。
しかし、ヒュー・ジャックマンはこの役が本当に板についてます。
※ちなみに、当初の計画では、ブライアン・シンガーはウルバリンをラッセル・クロウにする予定でした。
しかし、ラッセル・クロウが辞退、その際にヒュー・ジャックマンを推薦しているんですが、
んー、ヒュー・ジャックマンで良かったなー(ラッセル・クロウもハマってるけどねw)

今年の8月11日、シリーズ最新作が公開されます。

アポ.jpg
X-MEN アポカリプス

それに先駆け、一作目から見てみてはいかがでしょうか。
スポンサードリンンク



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。