So-net無料ブログ作成
検索選択

【二作目】X-MEN2【シリーズ】 [アメコミ]

スポンサードリンク



おはよう日本!こんにちは!!こんばんは!!!
サラリーマンJAPANです。

本日紹介する映画はこちら!
X2.jpg
X-MEN2 エックスメン2

8月11日公開が迫る、X-MEN最新作【アポカリプス】に先駆けおさらいコーナー第二弾!

2003年公開の映画で
主演、監督は前回に引き続き
ヒュー・ジャックマン、ブライアン・シンガーが続投!


一作目でのプロフェッサーX率いるX-MENとマグニートー軍団との戦いの後のストーリー。
程なくしてホワイトハウスに忍び込んだミュータントのナイト・クロウラー(アラン・カミング)は大統領の殺害を試みる。この事件は失敗に終わるも、ナイト・クロウラーには逃げられ、アメリカ政府は特殊能力を持つミュータントの存在を危惧する事となる。

プロフェッサーXはジーン、ストームにナイト・クロウラー捜索の指示を出す。

ここで今回の悪の親玉が登場!アメリカ政府はミュータント対策本部にウィリアム・ストライカーを招集し、指揮を委ねるのであった。
彼は、なかなか見つからないナイトクロウラーなんてどうでも良くて、
プロフェッサーXにいちゃもんを付け、かばってんじゃねぇ的な事を言って
手薄になった学園の生徒(ミュータント)達を大勢捕まえてっちゃったんです!
ストライカーは悪いやつ!
更に、特殊な牢屋に収容されているマグニートーに面会しにやってきたエグゼビアとサイクロップスをミュータントのデスストライクを使い拘束!!
くーっ、最悪の奴だよ!!

一方ウルヴァリンは記憶を無くしている為(詳細は一作目を観てね)、自分探しの旅に出ていました。
わざわざアメリカ北部にあるアルカリ湖に行っても、そこには何もな無く不毛な旅に終わりました。
しかも学園に帰還した、その夜にストライカーの部隊による学園を襲撃を受けて散々な目にw
しかし、その夜のウルヴァリンと子供達の絡みは見物です。
特に、ウルヴァリンの冷えてないコーラをアイスマンが冷やしてあげるシーンはウルちゃんキュン!って感じですw
そしてウルちゃんと共に脱出したローグ、アイスマン、パイロの3人はジーン、ストーム、仲間になったナイト・クロウラーと合流します。
しかし、マグニートーもミスティークの協力で脱獄!!

ストライカーに捕らえられたエグゼビア達の救出を目的とするウルちゃんチームと、
ストライカー打倒を目的とするマグニートーとミスティークが合流し、
互いに力を合わせる事を決断!
ストライカーの本拠地で、ウルちゃんは何も無いと思っていたアルカリ湖に再び向かいます。

ストライカーはダークセレブロなる物を作成してエグゼビアの能力を利用し、ミュータント撲滅運動のまっただ中!
そこにマグニートーと協力して向かうウルちゃん。

しかしマグニートーはそんなお人好しじゃありません。当然ですが、マグニートーもまた一つの理念の元、行動をしているのです。

X-MENとは対極の目的。

今は、X-MENを利用し、時が来たら裏切り、マグニートーもまた、ダークセレブロを使い、ミュータント以外の人間を撲滅させたいのです。

でも、そんなに甘くはありません。悪の栄えたためしなし!
X-MENはプロフェッサーXの救出に成功!
アルカリ湖から脱出する事に・・・
しかし、脱出する際、戦闘機が故障し離陸できなくなってしまいます。
さらに、アイスマンの親友のパイロがプロフェッサーXについていくことを選択したのです。
人生は各人に選択の自由があります。


ここでジーンの出番であり、
この映画一番の見せ場です。

アルカリ湖のダムが決壊、溢れ出た水にのみ込まれそうになったとき、ジーンが強力な念力を発揮し皆を助けたのです。

自分の命と引き換えに・・・


ジーンの彼氏のサイクロプスは悲しみました。
密かに(堂々と?w)狙っていたウルちゃんも悲しんでいる様子です。

しかし、プロフェッサーXと言う希望も戻りました。
学園もいつもと変わらぬ顔に戻り、また日常が続いていくのです。

今回の事件で彼らも成長しました。
オープニングシーンなどから考えると一つの映画でここまで人(ミュータント)の成長を描ける作品は近年まれに見ます。

そういった意味でX-MEN2はシリーズの中でも【成長】にテーマのある作品だと感じました。

オススメです!!


スポンサードリンンク



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。